破産宣告を受け、免責を受けるには?

 

借金を返済することができなくなってしまった場合は
自己破産をすることになるのですが、
そのためには裁判所に申し立てをして
破産宣告を認めてもらう必要があります。

 

そして自己破産をすることによって
どのような効果を得ることができるのかというと、
自分の財産を提供する代わりに
自分の負っていた借金を免除してもらうことができます。

 

ただし免除するにはその代償も大きいです。
もし、返済能力があれば借金の額を減額する個人再生などがあります

 

そのため自己破産をすることによって、
今まで苦しんできた借金問題から解放されることになり、
新たな人生を歩むことができるようになります。

 

しかし自己破産をして借金を免除してもらう効果を得るためには
ただ裁判所に自己破産の申し立てをして破産宣告を認めてもらうだけでなく、
その後一定の手続きを経て、免責を受ける必要があります。

 

免責とは借金を支払う責任を免除するという意味で、
免責を受けて初めて借金を免除してもらうことができます。

 

そして自己破産の申し立てをして免責を得るためには
借金の支払い不能になった理由が
免責不許可事由に該当しないことが要求されてきます。

 

そのためキャンブルなど自分の責任で借金を返済することができなくなって
自己破産の申し立てをした場合は
免責を受けることができない可能背がありますが、
現在においてはこのような場合でも
自己破産の申し立てをした人に反省の色が伺えれば、
裁量免責という形で免責を受けることができます。

 

免責を受けるために、
法律のプロである弁護士にサポートしてもらうのはとても心強い方法です。

 

当サイトおすすめの弁護士が在籍する法律事務所を
破産宣告のメリット・デメリット徹底ガイド」のページで紹介していますので、
よろしければ参考にしてみてください。