破産宣告後の人生はどうなる?

 

破産宣告とは、借金が返済できなくなった人が
法的な債務整理を行うことを望み、破産申請をした後、
破産の原因が確実にあると裁判所に認められたときにされる宣告の事です。

 

支払い能力が無いから破産宣告を受けられるのであって、
支払い能力がある人は宣告を受ける事が出来ず、
自己破産の認可が下りることはありません。

 

自己破産の免責が降りるには破産宣告を受けなければいけないですが、
破産宣告を受け、自己破産がおりたとしても、日常生活に支障はなく、
多少の不便さや職業制限はありますが、
借金取りに追われるといった生活にはなりませんので安心してください。

 

破産宣告後はどうなるかというと、
数年間は金融機関からブラックリスト入りされていますので、
クレジットカードは作れませんし、ローンを組むことは出来ません。

 

金融機関にもよりますが、破産宣告後5年以内にカードを作ることは出来ませんし、
ローンを組むことも出来ませんが、破産宣告の情報が消える時期は
金融機関、クレジットカード会社によって違いますので、
5年を過ぎればカードが作れる場合もあります。

 

破産宣告後、しばらくカードやローンが組めなくても、
普通に買い物したりネット通販を利用するなど普通の生活は送れますし、
日常生活に支障はありませんので、安心して生活を送り、
借金をしないよう心がけてください。

 

クレジットカードを多用していた方にとって多少の不便はあるものの、
生活できないほど困った事態にはならないでしょうし、
これを機にお金の使い方を改めることもできますので、
ある意味生きていくための訓練ができるとも言えるでしょう。

 

とはいえ自己破産だけが借金問題解決の手段ではありません。
他にもあなたに合った方法があるかもしれませんので、
まずは法律事務所の無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトおすすめの弁護士が在籍する法律事務所については
破産宣告のメリット・デメリット徹底ガイド」のページで紹介しています。