2回目の破産宣告は可能?

 

多額の借金を抱えてしまって
返済をすることができなくなってしまった場合は
裁判所に自己破産の申し立てをすることになります。

 

そしてその後裁判所から破産宣告が言い渡されて、
一定の手続きをして免責されることにより、
借金を免除してもらうことができます。

 

自己破産をした後は
基本的に普通の生活をしていくことができるのですが、
自己破産をした人というのはどうしても借金をしてしまう癖があります。

 

そのため再び多額の借金を抱えてしまい
自己破産をしなければならなくなってしまうこともありますが、
2回目の破産宣告は受けることができるのかが問題となります。

 

自己破産の申し立てをすること自体は2回目でもすることができます。
その後裁判所がその人に破産原因があれば破産宣告をしてくれることになります。

 

しかし破産手続きが終わった後、
借金を免除してもらうための免責を受けられるかどうかは
免責不許可事由に該当していないかどうかが審査されるのですが、
免責の申し立ての前の7年以内に免責を受けていた場合は
免責不許可事由になってしまうので免責を受けることができないという可能性もあります。

 

2回目の自己破産の申し立てで免責を受けるためには
前に自己破産をしてから7年経過していて、
しかも自分に落ち度のある破産原因ではないことなどが要求されていきます。

 

人によって2回目の破産宣告を受ける理由は様々なので、
可能か不可能かは判断しかねるというのが実際のところです。

 

弁護士に相談するなどして、
自分の場合は2回目の破産宣告を受けられるかどうか
質問してみるといいでしょう。

 

当サイトおすすめの弁護士が在籍する法律事務所については
破産宣告のメリット・デメリット徹底ガイド」のページで紹介していますので、
よろしければ自己破産電話相談や、無料相談などを利用してみてください。