破産宣告を受けるメリットは?デメリットは?

 

多重債務で返済・借入を繰り返して、ついに返済が追いつかなくなって、
差し押さえ寸前までいってしまった時に、
破産宣告するか債務整理するかを迷うところだとは思います。

 

破産宣告を受けるメリットは債務先への返済をしなくてよくなる事でしょう。
中には意義申立で一部返済を要求する会社もありますが、
大半は裁判所からの通知を受けて返済要求はなくなります。
これで何日までにいくら返済しなくてはいけないいうストレスはなくなると思います。

 

一方でデメリットもあります。
破産宣告をうけた事により、クレジットカードが作れなくなったり借入ができなくなります。
確かに借りた金を返さない、というより実際には返せない訳ですが、
破産宣告を受けた=借りた金を返さない=信用できない、と思われてしまいます。

 

実際に破産宣告を受けた知人の話によると、
破産宣告を受けてから4年経っていますが、クレジットカードは未だに作れていないそうです。

 

クレジットカードは仕事等で海外に行く際には必須だと思いますが、
持つことができないのでホテルのデポジットも出来ず、
同僚にお願いせざるをえない辛い思いをしたとのことです。

 

しかし、破産宣告を受け、もう借入ができない状況になると、
借金返済のストレスはたまりませし、無駄遣いをしなくなったと言っています。

 

破産宣告を受けることは借金をリセットできるというだけでなく、
お金の使い方を改めることができるというメリットもあると言えるかもしれませんね。

 

ただ、債務整理というのは自己破産だけでなく、他にも色々な手段があります。
1度、弁護士に相談をして、そのような手段を選ぶべきか助言をもらうといいでしょう。

 

当サイトおすすめの法律事務所はこちらです。

 

弁護士法人F&S
樋口総合法律事務所

 

どちらの事務所も債務整理の実績豊富な弁護士がいますので、
無料相談などで話をしてみてはいかがでしょうか。

債務整理方法:自己破産/任意整理/個人再生

更新履歴